from 豆ライフ

     塩山奈央のまめまめしい暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブクブクブク。。。

ひなたぼっこする酵母ちゃん達。

20060429012554.jpg


左から、今年物のリンゴ酵母・激しく発酵中
    一年物のリンゴ酵母・少し発酵中
    四年物の発芽玄米酵母
    一ヶ月物の発芽玄米酵母


20060429012522.jpg


これは、今年物のリンゴ酵母
ただ今、発酵真っただ中!
シードル状で甘みもまだまだあり、美味しい。

これは完全に発酵させて、ケーキの香り付け等に使用する。
いまいち完全に発酵しきらず、甘みの残っている一年物の酵母は、
アイスクリームやヨーグルトにかけたりしても美味しい。


20060429012542.jpg


この2つ、先日ドッキング致しました。
4年もの間、私と暮らして来た発芽玄米酵母ちゃん(左)は、
この度、一ヶ月物の酵母ちゃん(右)と混じり合いました。

継ぎ足しのおでんやさんの気持ちがちょっとだけ、わかりました。
「旨い訳は、そこにある!」と...。
スポンサーサイト

捨てる?....捨てない。

糸くず。
捨てる?
たぶん、捨てますよね。

でも、糸くず、
きれいだなぁって思った事ありません?

私はいつも思ってました。
結果、こうなりました。

20060427022254.jpg


 糸くずの水玉。

 ○○○

布の端切れ。
捨てる?
これは、とっておく人もいるかもしれない...。

で、その端切れ、どうしてます?

・・・・。

気がついたら、何かごちゃごちゃになって、
大変な事になってませんか?

なってる。
なってたら、つないであげましょう。
結果、こうなります。

20060427022241.jpg


 つぎはぎコラージュ。

 ○○○

沢山の想いから生まれ、生き返った布達。
これは、私の中の平和の表現。

お風呂場に石けん1個

20060426005103.jpg

はじめての自家製オリーブ石けん。
寝かせ中。はやく使いたい。

  ○○○

石けん生活を初めて、どれくらいになるだろうか。
「お風呂場に石けん1個」
をしてみたかったのが石けん生活の始まり。

プラスチック容器のゴミが出るのも嫌だったし、
何よりお風呂の並ぶプラスチック容器が美しくないと思った。
ある時ふと、こんなに必要なのかなぁ?と。
シャンプーにリンス、クレンジングに洗顔にボディーシャンプー、
お風呂を洗うための洗剤やら何やら、容器がいっぱい。

1個でいいじゃん、そう思った。
私の頭の中の思い込みが、ぱちんとはじけた。

頂き物の手作り石けんで、
初めて顔を洗った時の感じ。
初めて髪の毛を洗った時の感じ。
何だか本当にとても良かったのだ。

それからというもの、ぜ~んぶ石けん。
お風呂の湯船まで石けんで洗っちゃう。

でも、石けんならなんでも良い訳じゃないし、
良い石けんは結構いい値段がする。
そんな石けんでお風呂をあらうのはもったいないし...
などと考えているならば、ええい、作ってしまえ!と。

生活の中の手作り品はこうしてふえてゆくのです、ね。

sasulai と ブルーベリーの木

sasulaiのワークショップ(「わぞとさすらい」5/13(土))の打ち合わせ件
チャパピザ大会をしに、お休み中のsasulaiにおじゃまして来た。

メニューは...

チャパティー
テンペとクリームチーズのパテ/リンゴ酵母入り
チャパピザ(葱味噌チーズ/ブリーチーズ/セロリオニオンソーセージ...)
ルッコラの花とナスタチュウム、新玉葱と鰹節のサラダ
さつまいもと栗かの子のタルト
(只今こちらのテンペ料理開発中です→ http://www.tokiwa-syokuhin.co.jp/)

+ sasulai店主による、モロッコスープ!
チャパティーにとてもよく合って、美味しかった。
美味しく作るコツは、モロッコ人になったつもりで作る!らしい。
んんん、ためになりますね。

+ 友人Cさんによる、じゃがいも紫蘇ソース
これまたシンプルながら、良いお味。皆、それぞれ面白い。
御飯の準備をしていた所に現れたCさんは、あ、じゃあ私も...と
出かける事ほんの5分。皿に載せたつまみを持って再び登場。
そう、Cさんはsasulaiの超ご近所さんなんですね~。


1M程に伸びに伸びたルッコラの花とナスタチュウムの葉を収穫。

20060425112125.jpg


さつまいもと栗かの子のタルト

20060425112140.jpg



...と、まぁ、打ち合わせ?をしに行ったのですが、ちょうど、
お花屋さんが作る摩訶不思議な人形の展示と共に数種類の植物が売られて
いまして、(→ http://www15.ocn.ne.jp/~sasulai/event/event.html)
Cさんがブルーベリーの木に目をつけて、ご購入 ...私もつられてご購入。
という訳で、我家の小庭にブルーベリーの木が仲間入りしました。

20060425112034.jpg

20060425112047.jpg



それに伴い、クチナシの木をビワの木の隣に移植。

20060425112109.jpg



こちらは、例の猫に食べられてしまったミント。

20060425112150.jpg


ちなみに最初はこんなでした。

20060423183354.jpg

小庭の植物

1週間程前に我家の小庭を耕した。
50cm × 1m くらいの2カ所を30cm程掘り起こし、
石灰と腐葉土を混ぜ込んで、土づくり。
1週間程、土を寝かせていた。

今日植えたのは、お花とミント。
GW開けには、バジルやコリアンダー、イタリアンパセリ等のハーブの
種蒔きをして、今年の夏はもさもさハーブを収穫する予定。

摘みたてのハーブで御飯。
ハーブがいっぱい摘めたら、ハーブ料理教室でも開催しよう。

我家の小庭は今後どの様になってゆくのでしょうか。
乞うご期待!


< 本日の植物 >

 オンファロデス
20060423183310.jpg

繊細でマットな感じの小さな白いお花が
わさわさ咲いてます。とてもかわいい。



ヒューケラ(ツボサンゴ)
20060423183412.jpg

葉っぱを観賞する植物らしいけれど、
あまりにもちっちゃなピンク色のお花が愛らしい!


ナルコユリ(ナルコラン)
20060423183336.jpg

そのうち葉っぱが伸びて来て、お花も咲くらしい。
変化して行く姿が楽しみ。


 ナスタチュウム
20060423183325.jpg

ピリッとした刺激のあるハーブ。
お花も食べられる。花を食べるって、何か素敵。


ブルーキャットミント
20060423183354.jpg

とても繊細な甘い優しい香りのするミント。
お水に浸けておくと、とても良い香りのハーブ水が出来る。

...さっき、何故かこのミントを猫が食べていた。
おかげで、2つ咲いていた花が1つになってしまった。
ミントを食べる猫、はじめて見た...。

着物でお花見御飯

我姉とのコラボレーション企画

<着物で遊ぶ/ワークショップ>
記念すべき第一回目は 「着物でお花見御飯」

4/2 満開桜咲く、井の頭公園で行われました。


20060421005705.jpg

まずは、かんぱ~い!



20060421005720.jpg

買い出し班の若旦那風。
後ろに見えるは華やかな着物美女。


20060421005731.jpg

お料理の一部です。
お豆と野菜のキッシュ/菜の花の煮浸し
切り干し大根のピリ辛炒め/炒り鳥
などなど...


20060421005950.jpg

おっと、桜を忘れちゃいけませんね。
とても美しかったです。


20060421005744.jpg

20060421005755.jpg

最後に姉妹です。
わたくしどもで、開催しております。
mio/きるもの nao/たべもの 担当です。

着物ワークショップ5月も開催しますよ。
5/21 「お外でチャパティー/野立ての会」
お外でチャパティーを焼きながら
oiseau特製ランチとおやつで野立てします。
詳細は後ほど...。

5/13(土) sasulaiワークショップ

 「わぞとさすらい」
5/13(土)12時~16時くらい
 たべもの チャパティー/新緑のスープ/チャパティーピザ
 ぬいもの チャパティー袋/さすらい袋

文京区の千石にある「sasulai」というお店で
ワークショップ開催します。

詳細はこちら → http://www15.ocn.ne.jp/~sasulai/event/event.html

20060418145251.jpg

20060418145131.jpg

20060419105034.jpg

20060418145156.jpg

雑種味噌2006 誕生

20060418113328.jpg


20060418113340.jpg


20060418113354.jpg



味噌の原料は 大豆 麹 塩。

クロ キ ミドリ 大豆にも3つのイロがある。
私の昨年度の塩コレクショもイロイロ。
フランス インカ 内モンゴル インドネシア 屋久島...
麹もイロイロあるけれど、主に米麹と麦麹。
雑穀からも作れるらしい。今年は玄米麹を取り寄せた。

今年で2回目の私の味噌づくり。
その時の我家に存在する豆と塩をかき集めてつくるから、
結果、スゴい混血の雑種味噌が誕生する。

少しずつ残っているクロやミドリの大豆。
はて、これは何処からやって来た大豆だったか...
祖母の育てた黒豆だったり、
母が送ってくれた朝市の青大豆だったり...
いろんな場所からやって来た塩をかき集めながら、
その塩が作られた場所に想いをよせてみたり、
塩との出会いを思い出してみたりと、
味噌づくりをしながら1年を振り返る。

そうして出来上がった2006年生まれ味噌の故郷は
北海道/島根県/栃木県/鹿児島/
フランス/ペルー/中国/インドネシア...
という結果になったのでした。


4月の掲載情報


新連載はじまりました。
BE-PAL 5月号「ひだまり手作り塾」
第一回目は「発芽玄米酵母作り」です。

発酵ライフ始めてみませんか..?

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Calendar

« | 2006-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Appendix

まめわぞ・塩山奈央

まめわぞ・塩山奈央

塩山奈央・しおやまなお

FC2Ad

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。