from 豆ライフ

     塩山奈央のまめまめしい暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういえば、焼き鳥大会

そういえば、9月の中旬頃に焼き鳥大会をやりました。
もう大分前の事なので、記憶が薄れつつありますが...。
まぁ、いいか...。


はじまり、はじまり。


20060925221141.jpg

鶏肉を串にせっせと刺し、結構さまになった焼き鳥達。
肉を切って串に刺すだけで、気分は盛り上がります。
すっかり焼き鳥屋気分。


20060925221152.jpg

よ~し、今回も炭焼~、といきたい所だったのですが、この度、
炭おこし班がいない上に、炭が湿気っていて、ぜ~んぜんつかず、断念。


20060925221212.jpg

仕方ないので、コンロで焼く。
ま~、これも結構楽しいものです。

ちなみにこの焼き鳥は特製スパイスをまぶしてあります。
このミックススパイス、美味いんです。
フェンネル/コリアンダー/黒こしょう/赤唐辛子/
オレガノ/にんにく/塩をすりつぶして作ります。


20060925221221.jpg

こちら、つくねさん。
つくねは鶏肉屋さんで買いました。
おいしかったけど、何故か、かまぼこみたいな味がした。


20060925221245.jpg

「甲州グレイス」
山梨のワインです。ちょうど山梨帰りに来たW君が持ってきてくれました。
このワイン、なかなか美味です。


20060925221201.jpg

カボチャとチーズと卵のサラダ
天然酵母のクルミパンの上に乗ってます。
かぼちゃが甘くて美味でした。

芋類とチーズ、卵をサラダにすると、美味しい。
組み合わせをよっぽど間違わない限り、大体美味しく出来ます。


20060925221256.jpg

鶏ささみのトマト煮の上に、
干しマンゴーと緑の野菜のスパイシーなソース。
このソース、お師匠直伝のトルコ風です。

これを余った鶏肉とネギ等を入れて炊いた御飯に
乗せて食べたら、えらい旨かった。
きっと...いや絶対にトルコではこんな食べ方
しないんでしょうけど...。


20060925221127.jpg

初梨も美味しかった。



自分でも久しぶりに見た焼き鳥大会風景。
なかなか、良い感じでございました。


スポンサーサイト

続続・石鹸づくり・再び

20060926010945.jpg

前回のマルセイユ石鹸が大分乾燥してきた所。


20060926010957.jpg

卵のパックに入れてた方は、丸めてみた。


20060926011007.jpg

棒状の方は、こんな感じ。


香りつきのマルセイユ石鹸をあと2種類仕込んだ。


20060926011018.jpg

これは、カモミール液とレモンオイルの石鹸なのだけど、
放って置きすぎて、かなり固まってしまった。
色も他の2つに比べて白っぽい。何故だろう...。


20060926011026.jpg

温め直してどうにか型にいれるが、ちょっと分離気味、というか、
空気を大分含んだ様で、体積が増えて、軽い。

20060926011037.jpg

型に詰めた方はこんな感じ。


20060926011050.jpg

何か、固くてもろもろしてたので、ちょっと丸めてみた。
既に石鹸らしい感じになっている。


20060926011102.jpg

右 カモミール液とレモンエッセンシャルオイル + はちみつ
中 ローズマリー/ラベンダー液とローズマリー/ラベンダー/レモンのエッセンシャルオイル
  + 黒みつ
左 香料なしのマルセイユ石鹸

使うのが楽しみ。

山・登る

20060925193621.jpg


気持ちよい秋晴れの続く今日この頃。
金木犀の甘い香りに幸せな柔らかい気持ちが芽生えます。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

こんなに気持ちよい一日。
そうだ、山登り、行こう...ということで、
行って参りました、高尾山。

ささっとサンドウィッチもどきを作り、いざ出陣。
高尾山口駅に着いたのは、すでに昼過ぎ。
昼過ぎに着いても十分たのしめる高尾山っていいなぁ...と、しみじみ。


20060925200424.jpg

沢に沿ったコースで山頂をめざします。


20060925193642.jpg

木漏れ日が美しい。


20060925193653.jpg

緑のアーチをくぐり抜けて...。


20060925193704.jpg

グングン進みます。


20060925193713.jpg

並んだ石畳の下には、水が流ます。
ん~、気持ちよい!


初めての高尾山。
山頂についてびっくり。
え?ここは山頂?

20060925193755.jpg

売店やお食事処はあるし、ビールも売ってる...。
人も結構居るし、スカートにブーツなんて出で立ちの女の子、
ウクレレ弾いてる人まで居る...。
そんな山頂にちょっぴりショックを受けたりしながら...。
まぁ、ケーブルカーが上まで来てるからなのでしょうけれど。


20060925193721.jpg

山並みの中にうっすらとみえる富士山。
(写真にはうつってないですが...)
霞がかった山々のなだらかな曲線が何とも美しい!
しばし、その景色にうっとり...。


さて、ごはんにでもするか、と取り出す、
サンドウィッチもどき。

20060925193730.jpg

イングリッシュマフィン。
かきまぜ卵と生ハム、チーズサンド。


パクッとな~。
20060925193742.jpg

お外で食べるごはんは、何でこんなに美味しいんでしょうねぇ...。


後ろからは、現代音楽的ウクレレの音色...
上手いのか、下手なのか判別不可能なんだけど、心地よい。
木の幹を倒しただけのベンチ?に座りながら、寝そうになった。


帰りに駅の近くのお土産屋さんで栗と山芋を仕入れる。
茹で栗で食べたら、甘くて美味しかった。



20060925193632.jpg

小さな葉っぱもかわいいです。

そんな平和な一日。

とある 宴 ・ サムゲタンの会

はいはい~。
またもや料理人姉妹と美味しい会でございます。

今回は...さらなる強烈料理人Sネーサンが加わり...
サムゲタンの会。
友人Cさんに我が姉も参加の愉快な会でございました。

美味しいものは平和の象徴だ~、と
思わんばかりの面白さ...いやいや、美味しさでございました。
しかし、まぁ、皆よく飲みよく食べ、かなりの男勝りです...。笑。

今回のワインは...
チリ・イスデラマイポ 2003 メルロー レセルヴァ
フランス・ボルドーのビオデナミ 2002 シャトーファルファ
イタリア・2003 バルベラ ダルバ  ガグリアルダ
スペイン・カヴァ セコ(グランバロン)

差し入れ日本酒「山田錦」~奄美の黒糖焼酎 まで。

終いには再び酒を買いに行く始末。
さらにワイン一本イタリアのシャルドネ開けてました。
あ~あ。


ま~ま~、とりあえず宴の始まり、始まり~。

20060924223853.jpg

皆さんせっせと準備中。
美味しいものを急ピッチで並べて行きます。
料理人は仕事が早い。ホントに。
大皿に盛られているのはインドネシアの「エビせん」。

20060924223913.jpg

とりあえず、かんぱ~い。

20060924223922.jpg

チーズ盛り。
チーズはいつもソムリエでもある料理人Yさんが、
チョイスしてきてくれる。いつも、私好み!
今回もバッチリ、ワインとマリアージュしてました。

20060924223840.jpg

「ラングル」フランス・ウォッシュチーズね。

20060924224013.jpg

「クロタン」山羊さんのチーズ。
ピリッとした塩辛さが美味しい。

白カビチーズの「バラカ」は写真撮り忘れ。
王道な濃厚リッチなチーズです。

さてさて、お料理の始まりです。

20060924223938.jpg

「ベビーリーフとお豆きのこのバルサミコ風味」

20060924223950.jpg

「八重山かまぼこ」
さすらい、うとちんより。
Cさんが運んで来てくれた土産物。

20060924224002.jpg

こちら、自家製味噌で「もろきゅう」を食べながら
盛り上がる、料理人2人。
「きゅうりの汁がほとばしって...」などと、
意味の解る様な解らない感じになってます。

はいはい、どんどんおかず登場ですよ~。
20060924224026.jpg

「オクラと甘唐のサブジ」
Sさん「クミン大好き~!」と盛り上がります。
さらに嬉しい一言。「愛を食べてる感じがする!」と。
ま~!!!
大分酔っぱらってましたが、一生忘れません、そのお言葉。
本当に嬉しい褒め言葉に、気を良くする私。

さてさて、そろそろ今回の主役の登場。

20060924231614.jpg

「サムゲタン」
見た目は地味ですが...。

20060924231624.jpg

サムゲタンも持ってきてくれたSさんが
仕切ってくれております。

20060924231633.jpg


・・・・・・。

う、ううううま~い!!!
皆さっきまで大騒ぎしてたのに...。
この写真からも解る様に、シーンとサムゲタンに舌鼓...。

20060924231641.jpg

ほ~ら。美味しそ~。

20060924231656.jpg

おかわり、おかわり。

20060924231649.jpg

で、お次はお雑炊にして...と。
冷蔵庫にあった、水煮タケノコ、お豆、卵、ネギと玄米を投入。
水分が少なくなったのので、お豆のスープ(煮汁)でのばしたら、
これまた...。

20060924231704.jpg

サムゲタンスペシャル雑炊。ブヒヒ。
あああ~~~、美味しすぎますよ~。

20060924231712.jpg

で、またまたシーン。

あ、あの~、解りやすすぎるんですけど...皆さん。
かなり面白いシチュエーションです。

20060924231720.jpg

さて、こちら、サムゲタンの入っていた鍋ですが...。

「ゴムベラ、ゴムベラ。」
一滴たりとも残しません!ってな勢いで、
ゴチソウサマデシタ。

20060924231728.jpg

鶏さんの骨もこんな、で。
ありがとう。鶏さん。
私達の血となり肉となり...。
その命、ありがたく、頂戴いたしました。


...で、宴も終了かと思いきや...。


20060924232937.jpg

生ハムのバラカ(白カビチーズ)と八重山かまぼこ巻!

20060924232948.jpg

出すの忘れてた、キムチ!


は~。しかし、ま...。
振り返るだけで疲れちゃったよ...ってなくらい。
スゴいエネルギーあるサムゲタンの会でございました。

終。

さるすべり

20060921155312.jpg

小庭のさるすべり

みどりのなかのぴんくいろ。

とてもキレイです。

珈琲フィルター・つくる

珈琲のフィルターが無くなった...
ので、つくる事にした。

やっぱりネル?とも思ったのだけど、
とりあえず家にあったインド綿でつくってみる。
最近は絹製のドリッパーとかも出ているし、
(しかし、何で絹のはあんなに高いのでしょう?)
ネルじゃなきゃいけない訳じゃない気もするし、
何でも、ものは試しに...。

ドリッパーから適当にパターンをとって、
インド綿を2重で縫い合わせる。
ちなみに今使っているドリッパーは円錐型のもの。

20060920120443.jpg

20060920120433.jpg


悪くない。というか、紙と比べれば、
差はほとんどないんではなかろうか?
まぁ、とりたててこれはスゴいぞ~、という所は無いけれど。
使った後は、豆を捨てて、水洗い。
よく絞って干しておくと、すぐ乾く。インド綿の良い所だ。

もともと日本人は「晒(さらし)」という綿素材を昔から使ってきた。
出汁をとったり、豆乳をしぼったり、
米糠を入れてお風呂で石鹸代わりに使ったりもしてきた。

ふと、考える。
昔は綿製だったものが今は合成繊維や紙に
変わったものがどれくらいあるんだろうか。
それは、良い事なのか、悪い事なのか?

一概に否定はしたくない。
何故そうなったのかの理由をみつけなければ、
何の解決にもならないと思うから。
一番大切なのは、一人一人のその心の中なのだと思う。
とても小さな心の変化がその人を、その周りの人を、
世の中を、変えて行くのだと思っているから。

布製珈琲フィルター。
布を3重にしたら、また変わってくるかもしれない。
晒を入れてみても良いか?と、
新たな珈琲エコスタイル(笑)を考える。
ネル並みに美味しく入れられるフィルターが出来たら
ラッキーだ、なんて思いながら...。

こうして、またひとつ。
暮らしの手づくりが増えてゆくのでした。

続・石鹸づくり・再び

時々混ぜながら、一日程経過。

20060914121349.jpg

今回の生地は前回に比べると大分固めになった。
なので、湯煎にかけて、生地を
柔らかくしてから型に流し込む。


20060914122829.jpg

こんな感じで型入れ終了。

只今発砲スチロールの中でぬくぬくとお休み中。

つづく...

石鹸づくり・再び

初めて石鹸を作ったのは、今年の4月。
初挑戦はオリーブオイル100%の石鹸だった。
http://mameoiseau.blog62.fc2.com/blog-entry-7.html

出来上がりは...う~ん、イマイチ...なんか違う~。
これが、作り立て1.5ヶ月くらいの石鹸を使用した、正直な最初の感想。
ところが、最近(5ヶ月程経過)この石鹸の様子が変わってきた。

何か、良いのである。
そう、あの「何か良い感」が出て来たのだ。

思うに、時期の問題だったのかな?と。
梅雨真っ盛りの時期に乾燥させようってのが、そもそも間違い?だったのか。
などと考えてみるが、まぁ、とりあえず「何か良い感じ」になった事で
気を良くした私は、再び石鹸づくりに挑むのだった。

・・・

今回挑むのは、「マルセイユ石鹸」
原料は、オリーブ油、ココナッツ油、パーム油。

オリーブ油100%石鹸よりも、補助油のおかげで、溶け崩れが少なくなり、
泡立ちも良くなるらしい。


さて、製作開始です。

20060913144352.jpg

油と苛性ソーダを混ぜた所。
オレンジ色をしているのは、パーム油の色。

20060913144402.jpg

一時間もしたら、ちょっと落ち着いた色になった。

・・・

この後の経過はまた後ほど。
今度はどんな石鹸になるのでしょうか...。

塩山奈央・しおやまなお

            


         塩山奈央
          
       
     たべもの・ぬいものを通して心地好い
     暮らしを提案する「暮らし家」


       1978年生まれ
       ESMOD JAPON 卒業
      
       元パターンナーのリメイカー
       豆と発酵を愛する料理家
       エッセイなどの執筆業も

       アトリエ「まめわぞ」主催    
       (2012/4、閉店致しました)



    ・              ・



 たべものでの活動       ぬいものでの活動
  雑誌             雑誌
  ワークショップ        ワークショップ
  料理レシピ開発        リメイク
  イベント料理出展       雑貨製作
  料理教室           
          


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                
     
  ◎ 現在進行中のお仕事


チルチンびと 「日々、まめまめしく。」連載


ワークショップ いろいろ(只今産休中)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  ◎ 雑誌掲載情報はコチラ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  ◎ イベント情報はコチラ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  ◎ 過去のお仕事


はじめてのリメイク」自然食通信社刊
  ぬいもの・リメイクアドバイザー 

20070524225659.jpg



    ・


 リフレクソロジーサロン 「caon
 制服デザイン、パターン担当。


    ・


 登喜和食品 テンペ 料理レシピ開発


    ・


日々、まめまめしく。」風土社刊 2010/6/15発売 

「チルチンびと」での連載をまとめた初の単行本。
 暮らしのエッセイ+ちょこっと実用です。

本画像



    ・


まめまめしい暮らし。」ピエブックス刊 2010/11月発売

 書き下ろし、撮り下ろし。実用メインのエッセイです。

まめまめ表紙



    ・


発酵食をはじめよう」文藝春秋刊 2012/2/25発売

 その名の通り、発酵食の料理本です。
 塩麹、味噌、ぬか床 を3本柱に、それらを使ったレシピ
 &その他の発酵食のレシピも載った、充実の1冊!
 初めての料理本です。

 表紙写真


    ・


BEーPAL 

「ひだまり手作り塾」連載 2006/4(5月号)〜2011/3(4月号)
「季節の野食」連載    2011/4(5月号)〜2012/9(10月号)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

◎ お仕事に関するお問い合わせなどは、
  非公開コメントでお知らせ下さいませ。
  追ってご連絡差し上げます。


靴・つくる

20060912162530.jpg

自家製革サンダル


先日(といっても8月末)、靴をつくろうWSに参加して参りました。
ワークショップ前夜(しかも、22時頃)突然のお誘いに、
お~い、遅いよっっ。と思いつつも、まぁ、これもタイミングね、と
いそいそと出掛けて参りました。

場所は千石、その名も「八百(はっぴゃく)コーヒー」
http://www007.upp.so-net.ne.jp/happyaku/

私の開催するWS場所「sasulai」のご近所で、
チーム千石、とこっそり呼んでいる。
このチーム千石は愉快な仲間達で、本当に良い空気をもっている。
愉快な仲間達の輪が広がるのは、良い。
とても素敵な人達です。
行けば何故だか解るので、是非行ってみて下さい。

さてさて、靴作りの全貌をお見せしましょうか...。
 

 ・・・


20060912162542.jpg

靴先生の曽田 耕さん
http://www.sodako.com/



DSC03789.jpg

こんな感じで始まり始まり...。


20060912162553.jpg

私の靴型。
パターンの作り方は洋服で言うと、立体裁断?
を思わせる、愉快な感じでした。


DSC03814.jpg

和やかに進んで行きます。


...そうそう、このWSなんと、
朝9時~18時という長丁場なのでした。

で、御飯の時間です。

20060912162643.jpg

八百コーヒーで食べられる、ホットドック。
パンは何とリンゴ農家の方が作っているという、天然酵母パン。
こんな小さなこだわり?に何だか嬉しくなります。
この、キャベツと挟んで食べるのが、良いらしい。
(さすらい・うと情報)

20060912162654.jpg

久しぶりに詰めてみた、お弁当。
茄子の煮たのと卵焼き。梅干し。
でも、ホットドックを食べちゃった。

・・・

20060912162705.jpg

で、チクチク縫ったり...


DSC03831.jpg

靴底つけたり...


20060912162615.jpg

サイフォンで入れてもらった珈琲のんだり...

20060912162715.jpg

おやつのロールケーキ(八百コーヒーで食べれます)
食べたり...


...って、何だか、つくる事よりもたべものの方が登場回数
多いですが...まぁ、製作したい人はWSに申し込んで下さい。笑。
百聞は一見にしかず、ですからね~。
(といっても、超人気のWSの上に、いつも開催しているわけではないので、
八百コーヒーHPをチェックして下さい。)


20060912162727.jpg

みんなの靴。


・・・


いつも開催ばかりしていて、WSに参加した事がなかった私にとって、
とても貴重な楽しい体験でした。
誘ってくれたさすらい・うと & 八百コーヒー & コウ先生 
ありがとう。またね~。

もういない友達、の誕生の日

遠い遠いお空の彼方へ逝ってしまった友達の誕生の日。
誕生の日の気持ちは何とも言えず、お墓参りをする。

彼は海の近くに眠っている。
生きていたら、今年で29歳。
彼の時間は25歳で止まったままだ。

もう4年なのか、まだ4年なのか。
あまりにも突然の、早すぎる死。

誰もがその意味を解らずにいる。
心に納得していくしかない、想い。
残された者の心の中で育つ、想い。

海。空。月。
満月の夜。
月は美しく輝き、波は強くおし寄せる。
波打ち際に立つ。
砂に埋もれる足。

海に吸い込まれそうになる。
海にとろけそうになる。

生きる喜びと、生きる悲しみ。
死を見つめる。
生きている事を強く想う。
どんなに悲しくてもどんなに辛くても、
生きている事は喜び合える事なのだ、と。 
もういない人達が教えてくれる、尊い想い。   

もういない友達、の誕生の日。
愛と感謝を捧げよう。
   







9/30 わぞとさすらい vol.5

  たべもの・ぬいもの ワークショップ  

    「わぞとさすらい vol.5」

   ◎ 鳥ポーチ と 豆ゴハン ◎

20060901105253.jpg

20060901105303.jpg



  <ぬいもの>   鳥ポーチ
          全長10~15cm位の鳥袋を作ります。
          背中が巾着になっています。

  <たべもの>  豆御飯
          スパイシーな野菜のおかずとか。 
          秘密メニューも出るかもしれません。
                   
   
・・・・・・

  
日程  9/30(土) 12時~16時くらい

場所  千石 「sasulai」にて

定員   8名 (要事前申し込み、先着順受付)

会費  ¥3500

   
・・・・・・
  
  
  <持ち物>    布の端切れ
          厚地のものは向きません。
          薄地~中肉の布を選んでください。
          
          胴体 + 羽 + 中袋 + 巾着口布 + ひも
          が必要になります。ひもはこちらでも用意します。
          10×20cmくらいの布が6枚分くらいあれば十分です。
          
          +¥500でこちらでも用意できます。
          申込み時にお知らせ下さい。
    
          裁縫道具  ハサミ/針/糸  
                貸し出しもできます。
    

・・・・・・
         

◎ お申し込みは・さすらい まで
→ http://www15.ocn.ne.jp/~sasulai/ 

◎ 布の事など不明な点は書き込みにて質問してください。
  ご参加、心よりお待ちしています。


わぞ特製豆御飯はこんな感じ。
   
     ↓↓↓

20060826214249.jpg

20060826214259.jpg

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Calendar

« | 2006-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Appendix

まめわぞ・塩山奈央

まめわぞ・塩山奈央

塩山奈央・しおやまなお

FC2Ad

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。