from 豆ライフ

     塩山奈央のまめまめしい暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海をこえて。

20070728150800.jpg


海をこえて。
フランスへ行って来ます。

8年ぶりのフランス。
一体何を感じさせてくれるんだろう。

私のとてもとても大切な友人が、
最後に生きた場所が、そこにある。
彼女はもう、この世にはいないけれど、
心の中ではずっと生きている。

センチメンタルな気持ちが渦巻くけれど、
私は今、楽しく愉快に生きている。

ただ、生きて、暮らせる事の大切さ。
生きている事って、こんなにも素晴らしい。
悩めるのも、喜べるのも、生きているから。

今、たった今、この今という瞬間に。
世界中でどんなに不幸な事も幸せな事も、
同時にあらゆる事が起こっている。

悲しい事も嬉しい事も、この瞬間に。
その全てが現実だという事。

でも、私の知っている現実は、なんて小さい。
自分を取巻く世界と時間。
私は、私に出来る事をするだけ。
だから、私は自分の事を沢山沢山見つめたいんだ。

今回の旅は、いろんなタイミングと偶然と、
沢山の人に助けられて、行く事が出来るんだと思っている。

私にとっての料理への思いと友人の思い出を見つめる為の旅。
とても大切な何かがある様な気がしてならない。
だから、きっと、日本に帰ってきた時、何かが変わっているんだろう。
心の中の何か、とても大切な部分に触れてしまう気がするのです。

そんな思いを大切に、素敵な思いをお伝え出来る様、
沢山沢山感動してきます。
そして、フランスエッセンスの詰まったお料理、
感じてきます。

帰国後、食堂イベントを開催予定してます。
9/2には八王子のケーキ屋さん「ハナユラカヒミ」にてランチ。
10月には、匙屋ナイト&フランス帰り展を開催予定。
詳細は、帰国後お知らせ致します。。

しばらくブログもお休みです。
それでは皆様、素敵な夏を御過ごし下さいませ!



スポンサーサイト

8月の掲載情報

  チルチンびと 44号(8/5 発売)
http://www.fudosha.com/publication/chilchinbito/cb/cb_043/cb043.html

 連載・日々、まめまめしく。
 今回のテーマは「土のある場所」です。


・・・


 BEーPAL 9月号(8/10 発売)
http://www.bepal.net/now/index.html

 隔月連載・ひだまり手づくり塾
 今回はおからとお豆を使った 、豆豆カレー。

20070728155110.jpg

 このおから鶏だんごレシピ、のってます。
 なかなか美味しゅうございました。。


 ・・・


 リンカラン 9月号(8/中頃 発売)
http://www.lingkaran.jp/home.html
 
 特集(6P)・台所ですくすく育つお家の基本味
 梅仕事、基本の調味料作りなどと、
 またまた我家の台所登場します。


・・・


最近、私のちっさい台所がやたらと紙面に登場しています。
そろそろ、もういいでしょう。。。といった気もしますが、
台所、私のお城なので、いい感じのエネルギーが
そこに渦巻いていれば、ちょっと嬉しいなぁ、と思います。

それでは、8月もどうぞ宜しくお願い致します。


ある日のまかない

20070728153649.jpg

キッシュ
ポテトとお肉のオーブン焼
牛蒡とお豆のスープ


20070728153701.jpg




20070728153711.jpg

頂いた差し入れ。
んん~、バレンタインデイみたい!
嬉しいですね~。
さて、中身は???


20070728153721.jpg

ガトーショコラ!
美味しゅうございました。。


・・・


7月は、何だかいつになく忙しい日々だった。
心も体もバタバタしていたなぁ。。。
撮影3つ。オーダージャケット仕上げ、お直しのジーパン3本。
その他もろもろ。。いろいろ。。こまごま。。
というのも、もうすぐ旅に出るからなんですけれど。。。


・・・


ついでに、ある日の友人と御飯。。
ここぞとばかりに撮影の試作を
食べてもらいました。。。笑。


20070728155029.jpg


20070728155045.jpg

おから鶏だんごと自家製ケチャップ
チャパティー


20070728155057.jpg

おから鶏だんご
カレー
人参葉とポテトのサラダ

人参のはっぱを素揚げ、もしくは乾燥させて、
いろんな物に混ぜ込むと、とてもおいしいのですよ。
香ばしい香りが、ハーブの様です。
人参葉の季節には是非お試しあれ~!




その後の梅干し

20070727125004.jpg

今年は、赤紫蘇入れました。

さて。久方ぶりの更新になってしまいましたが。。
その後の梅干しさん。



20070727124942.jpg

赤紫蘇をギュウギュウ絞って、灰汁だしして、
梅さんの上にのせました。7月初旬の出来事でございました。

今回の赤紫蘇は、千葉の友人の所へ遊びに行った時に、
道の駅で仕入れたイキイキしたもの。


20070727124954.jpg

これは、赤紫蘇入れたての時の状態。



20070727125019.jpg

もう、すっかり赤紫蘇入り梅酢に漬かりまして、
紅いプールの中で、まったりと過ごしています。

今年の梅干しちゃん、梅酢のお味も出来も、なかなかよいのです。
去年のは、梅がちょっと痛みかけなのを仕込んだからか、
カビが出たりしていたんですが、今年の梅はピチピチしている
うちに仕込んだからか、全く黴びる事もなく、順調。
嬉しい。やっぱり鮮度は大切なんですね~。

こうして時を共に過ごしながら、私の保存食が出来上がって行く事。
私の味になってゆく事。年を重ねるって本当に素晴らしなぁ...と
しみじみしてしまう今日この頃。。


7月の掲載情報

20070712173521.jpg

「センス・オブ・ジャンク・スタイル」
 http://www.fudosha.com/publication/book/
sence_of_junk_stlye/sence_of_junk_style.html

 大平一枝さん著  風土社刊
 本日(7/12)発売です。。。
 
今月は雑誌とも単行本ともちょっと違う形の
「チルチンびとの本」シリーズ(1)に登場します。

私の事、お家の事、仕事の事、などなど、
ライターの大平さんが書いて下さいました。
大平さん、とても興味深い活動されてます。

大平さんのHPはこちら。
http://www.kurashi-no-gara.com/


私のページ(P.28~33)チラ見でどうぞ。

20070712173537.jpg

我家の小さい台所。
何だか最近よく登場してますが...。


そうそう。。。

20070712173552.jpg

お遊び仲間の匙屋さん(P.35~41)も出てますよ~。
10月には、再び匙屋でイベント計画中。

という訳で、今月もどうぞ宜しくお願い致します。



こんなものまで成長中。

20070712010039.jpg

愛らしいお花が咲きました。



20070712010026.jpg

すくすく育って、1m以上。。
こんなに大きくなって。。


さて、何のお花でしょうか....?!



正解は。。。



20070712010054.jpg

じゃじゃじゃ~んと。

にんじんですよ。にんじん。
数ヶ月前に、溶けかけた瀕死の人参を
あせって植えてみました。

あれよあれよとスクスク育って、
こんな事になりました。
....種、取れないかなぁ。とますますの成長を
見守っている今日この頃です。。



20070712010114.jpg

ポーチュラカも満開です。
随分おっきくなりました。


20070712010126.jpg

こんな生き物も遊びに来たりして、
なかなか楽しい我家でございます。。。笑。



本日のまかないと副産物。

20070710211106.jpg

試作品作りの副産物。
フィナンシェ。

本日の撮影の副産物は、卵白。
実は、まだ5個分位冷凍庫にはいってるのですが。。。
(卵白は冷凍出来るらしい)
とりあえず、撮影後、本日分の副産物の卵白2個分で、
フィナンシェ、作ってみました。


20070710211054.jpg

これくらい、作れました。

お味の方は、まぁ、悪くないけれど、
まだまだ研究が必要な感じのレシピでした。
何をどうすれば良いのか、おおよそ見当はつきます。
この感じからすると。。。バター量かな。
それに、粉の種類。それと、たぶんハチミツだなぁ、
なんて、自作したフィナンシェにああだこうだり思ってみる。
あぁ、私はつくづく美味しくないと嫌なんだなぁ...と。。。


20070710211028.jpg

本日のまかない。
撮影がたて続いて、前日も食絡み撮影。
今日の撮影も食関係だったため、結構にぎやか。

ところで、まかない作りをしていた時、
事件が起こりました。。。
撮影隊の皆さんがくる前に、まかないの準備して....と
アボカドをポコッと割ってみたら。。。ぎゃ~。事件です!
全然熟れてな~い!八百屋のオジさんにも確認したのに~!!!
でもな~、買う前にこのアボカドは、元気がないなぁ。って思った
のも確かで。。やはり自分の目を信じるのだった。。。と反省。

ワカモレを作ろうと思ってたのだけど、急遽アボカドを炒めて、
ワカモレ風になってしまいました。
固いアボカドも火をいれるとそれなりに食べられるのです。
今回は炒めたけど、蒸したらどうだったんだろう...と
失敗から、探究心にも火がつくというものです。笑。


20070710211039.jpg

今年最後の最後、本当に最後の梅干しさん。

さてさて、今回の撮影はなんだったのでしょうか?!
詳細は8月発売のリンカランにて、お楽しみに~。


予想外に発酵中。。。

菌の元気なこの季節。
予期せぬものが発酵し始めました。

・・・

先日の事です。
大量にヨーグルトを消費していた時期があったのですが、
冷蔵庫の中の牛乳を見て、ふと思い出しました。
牛乳にヨーグルトを少し入れて常温においておけば、
ヨーグルトが出来る....なんて事を聞いた事があった様な。。。
まぁ、とりあえずものは試しに挑戦してみる事にしました。

1日目。。。変化なし。
2日目。。。変化なし。

ヨーグルト製作失敗か?と思いきや。。。

3日目。。。おや?小さな気泡が...匂い、悪くない。
4日目。。。あぁ。気泡が増えている...匂い、発酵中。うぎゃあ。 

という訳で、さすがにヨーグルト製作はあきらめました。
糖分を加えてさらに発酵させ、ミルク酵母と名付けました。


P7090017.jpg

新入りのミルク酵母ちゃん。

この酵母でチャパティーを焼いたら、ほんのり甘い香りのする、
歯切れの良いチャパティーに焼き上がりました。

・・・

....元気に発酵しているのは、
この子だけではありませんでした。。。

冷蔵庫の中の小瓶達のお掃除をしていたときの事。
小瓶の蓋から漏れ出している黒い液体を発見。
あ。黒豆の甘い煮汁を煮詰めたやつだ。。。
なんでもれてるのかなぁ???

と、あけてみるやいなや。。。

ぶくぶくぶくぶくぶくぶ~。

P7080014.jpg

黒豆の煮汁酵母?

これはスゴイ発酵力です!!!
あわてて、撮影。
沢山の空気を一気に取入れたものだから、
もう溢れんばかりに元気元気。あわわわわ~。

どうやら、我家にもとうとう発酵菌が住み着いた様です。
腐敗でなく発酵してくれるのは嬉しいけれど、
発酵しすぎるのもいかがなものか。。。悩みどころです。笑。

という訳で、チャパティー用の酵母が、
一気に2種類も仲間入りしてしまいました。

・・・

ところで、私を発酵の世界へ導いた?発酵先生、
林弘子さんの紹介をしようと思います。
弘子さんの著書はどれも読みごたえがあり、本当に面白い!
一冊の本の中にこれでもか!という程のヒントやきっかけの
詰まっている本を沢山出版されています。
普通の料理本なんてもう見飽きたわ。。というあなた。
非常にオススメです。

私は主に、発酵食の本などに影響をうけておりますが、
酵母パン教室も開催中です。
教室に通えない人のために、通販キットもあるようです。
詳しくはコチラでどうぞ。
http://www.hirokohayasi-an.com/index.html

弘子さんのブログはこちら。
http://pink.ap.teacup.com/dragon-pit/

さて。菌の元気なこの季節。皆さんも、濃厚な
発酵ライフを満喫してみてはいかがでしょうか?


田んぼと蛍と樹木葬・3

蛍を最後に見たのは、いつたっだだろう。
子供の頃、何処かで見てはいるのだけれど、
それが、何時、何処で見たのかが思い出せない。
でも、蛍って素敵だ。
という記憶だけが、私の頭の中にあった。

我家から数時間かかる、友人Cの所へ行くのは、ちょっと
した小旅行になるのだけれど、Cからの「蛍みれるよ~。」
という誘惑に食いついてしまいました。
蛍見たい~!!!という事で、
今回の一番の目的は、蛍を見る事だったのです。

当日は、生憎の雨で、降ったり、止んだり、
じんわり蒸し暑い日でございました。
しかしながら、雨と雨の合間にバッチリ蛍、見れました。

暗くなってきた頃、再び田んぼに向かいました。
昼間とは全く様子の違う、暗闇の田んぼ。
だんだんと真っ暗になってくるにつれて、ピカリピカリと、
小さな優しい光が姿を現し始めたかと思うと、
あっちから、こっちから、ふうわりふうわり、と
どんどん光の数が増えてゆきます。

まるでダンスをしているかの様に、優雅に飛び交う
ほんの小さな生物を目の前に、発する言葉はありません。
ただ、ただ、美しい生命の営みに見入ってしまいます。
懐中電灯にも負けない強い光が、あの小さな体から発せられて
いるのだなぁ、と。蛍が選んだ繁殖方法は、私から見たら、
何ともドラマティックな方法だと思うけれど、蛍にとっては
極々普通の、当たり前の事なんだろう。こんなにも美しい行為が
当たり前の蛍って、なんて優雅な生物なのかしら!
なんて考えたりして。思い切り、蛍を満喫致しました。

蛍は、水の綺麗な所にしか生息出来ないらしい。
というのも、エサになるカワニナ(小さな貝の仲間)という生物が
水の綺麗な所にしか住めないかららしい。
真光寺の田んぼでは、去年よりも蛍の数が増えた様でした。
それは、どんどん水が綺麗に、生き物が増えて来た事の証しの様です。

田んぼの草取り中、小指の先程の大きさの小さな小さな青がえるが
沢山いました。少し前までは、カエルの卵がいっぱいあったそうです。
暗闇の中では沢山の虫の声に、ウシガエルの鳴き声。草の湿った匂い。

それは、何とも美しい時間でございました。
9月には稲刈り体験もありますよ。是非に~。

真光寺情報は、コチラでどうぞ。
http://sinkoji.cocolog-nifty.com/news/


田んぼと蛍と樹木葬・2

さて。前回、お寺に行った所以のお話をしましたが。
今回は、何故にお寺で田んぼと蛍なのか、のお話です。

友人Cの勤める真光寺はちょっと変わっています。
まぁ、前回も書きましたが樹木葬を行っていて、
田んぼと畑のあるお寺なのです。

それは、それは、美しい段々田んぼは、
今年で4年目になるそうです。最初は休耕田だった
棚田を一枚一枚開墾し、今は約1200坪以上の田んぼと
なっている様です。

真光寺で発行している冊子に、
田んぼになる前の様子の写真が載っていました。
ただ、すごいなぁ、と思ってしまいました。
こんな所が田んぼになってゆくのだなぁ、という感動。
そんな田んぼに魅せられてお寺に就職してしまった
友人Cの気持ちは、何となく、わかる気がする。

とりあえず、そんな田んぼに入って来ました。


20070705165906.jpg

ぐお~。たっぷり生えてるじゃあ、ありませんか!雑草。

無農薬栽培してます。
というか、除草剤などのまき方を知らないらしい。笑。
で、不備で水が抜けてしまった田んぼに沢山、
これでもか~ってくらい、雑草が生えてました。

必然的に草取り開始。。
最初は長靴はいて入ってたんですが、これが歩きづらいったら
ありゃしない!....やっぱ、裸足でしょ。という事で靴、脱ぎました。

田んぼの中に素足で入ると、粘土質の泥が足に吸い付く。
飲み込まれるように埋もれてゆく足。
この土が、稲を育て、お米を作ってくれるのだと、
何とも言えない気持ちになります。

余談ですが。私、モロッコの泥で、顔や髪の毛を
トリートメントするんですが、もしや、これって....!
つるつるになっちゃうんじゃあないかしら?!という位、
気持ちのよい泥でした。


20070705165919.jpg

友人Cのお尻をパチり。
せっせと草、取ってます。


20070705165932.jpg

こんなに取りました~。ふ~。疲れた。
けど、心地好い疲れなんですよね~。
いや~、すっかり田んぼに魅せられました。。。

・・・

そんな田んぼにきょうみのある方へ。
ちょっと宣伝しときます。

この真光寺では、「上総自然学校」(http://homepage2.nifty.com/sinko-ji/satoyama/satoyama.html)という活動を行っています。
大月川源流地域の里山を従来の姿に取り戻すための活動を通し、
お寺に宿泊し、お寺の暮らしを体験しながら自然の中で様々な事を
感じてほしい、とのことです。

今後の予定は、9/15-16「稲狩り」 10/20-21「収穫祭」。
参加特典として、収穫後のお米2kg貰えるそうです。
このお米、収穫後、販売もするので、興味のある方は是非。
去年のお米食べたけど、美味しかったです。

詳しくは、コチラで。

真光寺
http://homepage2.nifty.com/sinko-ji/

ブログはコチラ。
イベント時の写真なども見られます。
http://sinkoji.cocolog-nifty.com/news/

・・・

あぁ。また肝心の蛍の話まで、行きつかなかった。。。
また、次回。。。

田んぼと蛍と樹木葬・1

20070704234028.jpg

真光寺の里山葬墓地(樹木葬)から見た風景。

突然ですが。。。
「樹木葬」という埋葬法を知っていますか?
墓石の下に眠るのではなくて、樹木の元に
埋めてもらえるという埋葬法です。

・・・

かつて、谷中の長屋で共に暮らした友人Cが、
長年努めていたアパレルに、さくっと見切りをつけて、
千葉に移り住んだ。ほんの数ヶ月前の出来事。
そんな突然の出来事(Cにとっては突然ではないのですが)
に面白いなぁ。。と思いつつ、遊びに行ってきました。

樹木葬と友人と、何の関係があるのかといいますと。。。
そうなのです。彼女の新たなる就職先は、なんとお寺!
しかも田んぼと畑もやっちゃいますよ。という所。
面白すぎます。。。まぁ、変わった人ではあるけれど、
まさか、たべものそのものを作る事に目が向いていたとは!

私としては、大喜びです。
だって、彼女の作った野菜やお米で私が料理出来るとしたら、
なんて素晴らしい事なんだろう!って。
しかも、樹木葬なんて、これからどんどん浸透して
ゆくだろう葬儀法を取入れたお寺で。。。

私の遊びに行った目的は田んぼと蛍だったのですが、
お寺を拝見して、お寺に泊めて頂いて、そこに働く方達の姿をみて、
ただ、シンプルに生きる事、人間の営みとしてあるべき姿、
とても良いエネルギーを感じてしまいました。


20070704234053.jpg

樹木葬の場所。
何とも気持ちのよい所でした。


20070704234111.jpg

まだまだ小さいもみじ。
樹木葬用に植えられた木。


20070704234137.jpg

友人C。赤いよ、この人。
笑えます。。。


そして、畑が出現。


20070704234153.jpg

おぉぉ。モロッコいんげんがなってます。
Cが作ったインゲン!と喜ぶも、いやいやまだまだ。
職場の上司(?)Uさんが作ったのでした。


20070704234209.jpg

収穫収穫。ポッケに入れて喜ぶ私。
道の駅で仕入れた椎茸とにんにくで炒めて頂きました。
美味しかったです。

・・・

という事で、田んぼと蛍は、また次回。
こんなお寺に興味のあるかたは、コチラで。

真光寺
http://homepage2.nifty.com/sinko-ji/

日々の情報ブログはコチラ。
友人Cも書いてる様です。
http://sinkoji.cocolog-nifty.com/news/


玄米バーガー

20070701010500.jpg

きんぴらごぼうの玄米バーガー


20070701010509.jpg

パクッとな。イケル。。。笑。


・・・


御飯を炊くと、余った分はいつもおにぎりにして冷凍している。
我家にはレンジが無い。蒸篭も焦がして駄目にしてしまった。
トースターはあるので、炊きたて以外は焼きおにぎりとなるのです。

まぁ、いつも焼きおにぎりじゃあ、芸がないよな~、と。
バーガー作ってみました。
玄米ときんぴら美味しいに決まってますね。
モスにもありますが、玄米でやった方が、絶対美味しい!と確信。

でも、お米はやっぱり炊きたてが、一番美味しいと思います。


 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Calendar

« | 2007-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Appendix

まめわぞ・塩山奈央

まめわぞ・塩山奈央

塩山奈央・しおやまなお

FC2Ad

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。