from 豆ライフ

     塩山奈央のまめまめしい暮らし

冬の軒先

冬の軒先


冬はなかなか土いじりをしたい気にならず、
しばらく放置されていた我家の軒先。
先週の異様に暖かだった日、思わず買い込んだお花達。
アネモネ、ラナンキュラス、花かんざし・・・。
暖かくなると、植物が無性にほしくなるのは
私だけでしょうか。。

暖かだったのはたった1日。
あっという間に寒さが戻ってしまったため、
植えかえもせず、放置されていたかわいそうなお花達、
やっとこ植え替えしました。
ついでに他の鉢植えも枯れた葉っぱや茎など
切り落とし、少し小綺麗になりました。

今年の冬は、いつもだったら枯れてしまう植物が、
まだまだ元気にしています。
アボカドとか、くわずいもとか。
それほど寒くないって事なんでしょうか。

とはいえ、春が待ち遠しい今日この頃です。


お味噌の季節

P1260004.jpg


お味噌の季節がやってきました。
お味噌作りも今年で5回目になりました。
今日は豆の下茹でをして、明日仕込みます。
せっかくなので、土間の石油ストーブの上で
コトコトやってます。

お豆さんは、茹でて一日置いた方がコクが出る様なので、
お味噌仕込みの前日にゆでておきます。
今年もおばあちゃんの育てた大豆(茶豆)で仕込みます。
茶豆は甘くねっとりと美味しいお大豆さまなのです。
おばあちゃんが育てたお豆で作るお味噌、
本当に美味しいのですから!



P1260007.jpg

1kgの大豆を茹でると、24センチのルクルーゼの鍋が、
このようにいっぱいいっぱいになります。
1kgのお豆さんを茹でる時は、くれぐれも大きなお鍋で!



山道つくる

P1170037.jpg

夕陽の中の真光寺。何とも美しいです。

先日、山道をつくって参りました。
というのも、少し前にこのブログでも紹介しました
真光寺主催の里山再生活動に参加して来たのです。



1.jpg

手入れされた雑木林(二次林)の見学をし、



2.jpg
山に入り、木をきる(おじいちゃん)。
この、切り倒した木を支えにして...



山道3
道にしたい土の部分を切り崩し、
この様な道をつくるのです。

 *詳しくはコチラでどうぞ。



山道6

焚火して・・・



山道7

観賞炭つくって・・・


と、愉快な体験をして参りました。
里山を再生する、山をまもる、現実はどうなの?
とか何とかいろいろ考えてしまうけれど、
大切なのは何かを始める事、少しでも小さくても。
全てはその積み重ねなんだろう。

次回は2/21(土)の開催だそうです。
興味のある方はコチラへどうぞ。



アンチョビつくる

近所のスーパーへ行ったら、
ピチピチのしこいわしが1Pなんと98円で
売られておりました。せっかくなので、
アンチョビを作ってみる事にしました。


P1150007.jpg

しこいわし2P分。
クリップを使用して3枚下ろしにします。
針金のようなものでもできます。
大きめのクリップをVくらいに開いて、曲がった部分を
エラの下辺りにグッと差し込んで、頭を押さえ、
しっぽの方にむかってひっぱるだけ。非常に楽です。
反対側も同様にしておろします。

おろしたフィレはよく洗い、水気をしっかり拭き取り、
計量する。フィレの重さの15~20%の塩を用意。


P1150008.jpg

フィレを並べる→塩をふる、を繰り返し、
器に敷き詰める。
お皿などで重しをして蓋をして冷蔵庫の中へ。


P1160009.jpg

翌日の様子。

P1160011.jpg
横から見たらこのような感じ。


塩はすっかり溶け、水があがっていたので
重しは外して冷蔵庫に戻しました。
1ヶ月程寝かせれば出来上がる様です。

出てきた液体は魚醤の様なものらしいので、
こちらも使うのが楽しみです。

一ヶ月後、液体を取り除きフィレを瓶などに移し替え、
ひたひたのオイルを注いだら、アンチョビになるらしい。

アンチョビの作り方、調べてみると大まかな事は
皆大体一緒だけれど、細かい部分はそれぞれ違うようです。
アンチョビは、梅干しやお味噌の様に、お家の保存食なのだなぁ、
と実感。これから、アンチョビも我家の保存食のひとつとして
定着するのだろうか...などと、アンチョビの出来上がりを
心待ちにする、今日この頃です。


「暮らしの教室」お味噌の会

暮らし?ーお味噌の会


アトリエ「まめわぞ」で行われる
「暮らしの教室・お味噌の会」のお知らせです。


・・・・・・・・・・・・・・


お味噌仕込みの季節がやって参りました。
国産大豆と有機米麹を使ってお味噌を仕込みます。
お持ち帰り味噌1kg付き。
去年仕込んだ手前味噌の味見もしましょう。
まめまめしいおやつ付き。


持ち物は、エプロン、筆記用具。


・・・・・・・・・・・・・


今までのワークショップの様子はコチラです。
ご参考までにご覧下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・


全日、定員はいっぱいになりました。

キャンセル待ちのみ、若干受付いたします。
沢山のお申込み、ありがとうございました。



・・・・・・・・・・・・・・


お申し込みは「まめわぞ」まで。

お名前、電話番号、参加したい日にち
をお知らせくださいませ。

「まめわぞ」 tel/fax 03-6676-2521
または、ブログの非公開コメントに
メールアドレスを入力してお送りくださいませ。
追ってご連絡させて頂きます。
メールアドレスをご存知の方は直接お送りくださいませ。
全ての申込みは、返信を持って受付完了とさせて頂きます。


みなさまのご参加、心よりお待ちしております。



**********************
 2/2  暮らしの教室・お味噌の会でした
**********************

P2010002.jpg


暮らしの教室・お味噌の会第一回目終了いたしました。



P1310002.jpg

皆でがやがやわいわい。
お味噌作りは、まるで砂遊びをしている様な感じ。



P1310003.jpg

丸めたお味噌も愛らしい。



P1310007.jpg

皆さん、袋に詰めてお持ち帰りです。
お家に帰ってそれぞれの入れ物に詰め替えて塩蓋をし、
しばらく寝かせてあげます。食べられる迄には時間が
かかるけれど、お味噌の成長を見守るのは楽しいものです。



緑豆ココナツぜんざい

お味噌作りの後は、おやつを食べて終了です。
生姜を加えた緑豆ココナツミルクぜんざい。


第一回目のお味噌の会、皆さんお疲れさまでした。


        ・・・


P2010006.jpg

匙屋さんから味噌べら(小しゃもじ)が届きました。
お味噌の会当日、ほしい方には販売いたしますので、
こちらもお楽しみに!


        ・・・


3/7(土)garellyらふとにて
ぬいものワークショップ開催します。
詳細はコチラです。



*********************
 2/11  お味噌の会終了
*********************

P2100006.jpg


全4回のお味噌の会、終了いたしました。

参加者の皆さん、詰め替えは終ったでしょうか。。
この様に、空き瓶にでも詰めて成長を見守ってくださいませ。



P2090002.jpg

子供に戻った気分で混ぜ混ぜと。
暮らしの教室、初の男子参加もありました。


暮らしの中の季節の手仕事。

日本人にとってとても大切なお豆「大豆」の
自給率がどんどんのびてゆく事を願いつつ。
国産大豆を使用して、沢山の人がお味噌を作る様に
なったらいいのに...と思って開催したお味噌の会。

本当にびっくりする程簡単、あっと言う間に
仕込みが完了してしまうお味噌。
教室で行う程の事でもないかなぁ...と思って
いましたが、思った以上の反響がありました。

今回25人のお家にお味噌が巣立ってゆきました。
親戚味噌達、それぞれのお家でどんな成長を
遂げるのかが楽しみです。

随分先のお話ですが、お味噌が出来上がる頃、
出来上がったお味噌達の味比べなんて出来たら
楽しいだろうなぁ...なんて思います。


大豆、ばんざい。


1月の掲載情報

別冊美しい部屋「和風が暮らしいい」スペシャル版
イゴコチ」(1/6 発売)

「いつも布と一緒に」というコーナーに。
2年程前に受けた取材の再掲載になります。
ちなみに表紙の雑巾、我家の糸くず雑巾です。


 ・・・


 リンカラン別冊(5)
自分らしくすみこなす 私と家の暮らし方」(1/15発売)

日々変化してゆく我家、6Pの掲載になります。
リンカラン自体は昨年いっぱいで休刊してしまいましたが、
別冊(5)の発刊でリンカラン全体の最後になるようです。
休刊残念な事ですが、皆様大変お疲れさまでございました。。

ところでわが家、表紙になってました。
びっくりしました。

 
 ・・・


ムック本2冊に登場致します。
今月もどうぞ宜しくお願い致します。


新年の島根

P1050056.jpg


新年あけましておめでとうございます。
今年も母の実家、島根の山奥へ行って参りました。



P1040042.jpg


車で30分程の所に、世界遺産になった石見銀山があるの
ですが、銀山近くの町並には、古く美しい家々が並んでいます。
外に飾られた、本当さりげない正月飾りが愛らしい。
素敵なお店もあったりと、この町に息づいてきた、人々の
日々の暮らしの豊かさを感じられる様な気がします。

銀山が最盛期の頃、人々は一体どんな暮らしをしてきたのだろうか。
町を歩きながら、そんな事を考えるのは、とても楽しい。



P1060070.jpg


島根の羊さん達は元気にしておりました。
今年もどうぞ、よろしくお願い致します。



 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Calendar

« | 2009-01 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Appendix

まめわぞ・塩山奈央

まめわぞ・塩山奈央

塩山奈央・しおやまなお

FC2Ad

FC2カウンター