from 豆ライフ

     塩山奈央のまめまめしい暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山へゆく4・草津へ

白根山17

横手山頂満喫後、渋峠からバスで白根火山に
行こうとするも、バスが来るのが1時間後。。。
ならば戻ってしまえ、と芳ヶ平経由で白根火山へ
行きましたが、かなりへとへとに。。。

予定では、湯釜を見た後、白根火山ロープウェイで
殺生河原まで行き、ハイキングコースで天狗山まで
おりるはずだったのですが、時間と体力がなくなり断念。
湯釜も見れず。。。下の方から湯釜までの歩く人達が
見えるのですが、渋滞していて不思議な気持ちになり
ました。山で渋滞って。。きっと噂の富士山登山渋滞も
こんな感じなんだろうなぁ...と。

バスで天狗山までおりたら、草津へ向かってテクテクと。
草津までの車道は大渋滞で、歩いてしまった方が早い
感じでした。ヘトヘトな身体を癒しに西の河原露天風呂へ。

到着すると、ここでも行列!!
受付には行列が出来ていて、中に入るとこれまた大混雑!
もちろん露天風呂も大混雑!



白根山18

夜の草津も大混雑。
恐るべしシルバーウィーク。。。などと思いつつ、
草津を後にしたのでした。。終。

  ・・

余談ですが。
芳ヶ平ヒュッテには、ここのところランドネを見て
やってくる女子(通称ランドネちゃん)が急増中らしい。。
ランドネちゃんは所謂山好きな人とは違う、愛らしい格好を
しているので、すぐに解るらしい...。
ランドネ1号の記事を見て、皆さまも是非とも芳ヶ平へ。。
とても素敵な所ですよ。

 *もう大分寒いので充分な防寒、雨対策必須です。
   きっと今頃、紅葉が相当綺麗な事でしょう。。



スポンサーサイト

山へゆく3・山頂ごはん

白根山16


山とごはん。
横手山頂ヒュッテのボルシチセット



白根山19

芳ヶ平ヒュッテを出発し、こんな景色を
眺めながら、渋峠まで登山。



白根山11

渋峠~ロープウェイに乗って横手山頂へ。
渋峠までは車で、山頂へはロープウェイで上がれる
気軽さなので、山頂は人人人!で大にぎわいでした。

横手山頂では、きのこ雲スープを食べる事を楽しみに
していたので、もちろん注文。



白根山13

きのこ雲スープセット、どんどん作られてゆきます。
お兄さんが凄い早さでお仕事しておりました。
焼きたて熱々を提供してくれる&大混雑のため、
多少時間がかかりますが、如何せん、スゴイ量の注文!



白根山12

オーブンもフル回転。
どんだけ焼いてるんでしょうか。。という数。
これだけの仕込みやら何やら、すごいなぁ。。
と、ただただ感心するばかり。。



白根山14

注文してから待つ事30分あまり。
やってきました、きのこ雲スープセット。



白根山15

パンの帽子をめくると、クリームシチューの様なスープが。
近くで食べてたおばちゃん達が、きのこが入ってないわねぇ。。
と呟いてましたが、確かに。。信州しめじが入ってるらしい情報
は仕入れてたんですが、きのこ不在。まぁ、ここは山の上なので、
細かい事は気にしない、ということで、美味しく頂きました。

  ・・

標高2300mで食べる山の上ごはん。
お外ごはんは都会でも楽しいけれど、澄んだ空気の中で
いただくごはんは本当に美味しい&気持ちよいのです。



山へゆく2・朝と夜

白根山9

はじめての雲海。
草津は曇っているに違いないけれど、
お山の上は晴天!

日の出の事をすっかり忘れ、のそのそと起きだし
(山小屋1泊したので)お外へ出てみると、
雲海が広がっておりました。美しい・・・のひとこと。。
こんな雲海、めったに見れないらしい。
本当に素晴らしかったのです。。

ヒュッテに宿泊していた方に聞いたら、
素晴らしい日の出だった様子。あぁ、無念。。



白根山10

おとぎ話に出てきそうなお山の上の朝。
スカッと晴れた空、遮るものは何もなくて、
自分の影がうつる地面。
あぁ、思い出すだけでさわやかっ!


白根山8

芳ヶ平ヒュッテでの夕食は、
ロウソクの明りで美味しい御飯。
ビールも飲めるしシャワーも浴びれる、
いたれりつくせりの山小屋です。


山へゆく1・草花

白根山1


紅葉の始まった草津白根山・芳ヶ平ヒュッテへ
行ってきました。6月に発売されたランドネ1号にて
撮影モデルとして参加させて頂きましたが、今回は
プライベートで。前回とはまた違った晴天の山景色を
満喫して参りました。



白根山2

山へ入る前の道のりにアザミの花を発見!



白根山4

ヤマモミジの新芽。愛らしい。



白根山3

花終わりで赤い実を付けたゴゼンタチバナ。
赤い実も可愛いけれど、愛らしい白いお花を見てみたい。。



白根山5

エゾリンドウはまだまだ咲いておりました。
花を見るとやっぱり嬉しくなります。



白根山6

乾いた様な薄い花びらのお花。
名前がわからないけれど、我家で育ててる
花かんざしに似た感じ。



白根山7

ガンコウランの実。
すずらの様な愛らしいお花が咲く様です。


  ・・

足元の山野草達を相当期待していましたが、
すでに花終わりが多く、少しがっかり。
山野草、梅雨の晴れ間がおススメって言われたしなぁ。。
まぁ、がっかりと言いつつも、なかなか愉快な山野草達
だったのですけれど。。。
梅雨の晴れ間に挑戦してみたいものです。


つづく。。。



サバでバーベQ

P9140020.jpg


9月初旬のこと。
青空のもと、〆サババーベQ。

先日大量にさばいていたサバは、
〆サババーベQのためのものでした。
お遊びではなく、お仕事でしたが。。
goomo(グーモ)というweb動画サイトの
撮影をして参りました。

ビーパル連載「ひだまり手作り塾」のお外バージョン、
という感じ...ひだまり連載の相方長谷部君と共に、
いつもお世話になっているライターのあづみさん、
カメラの豊田さん、友人かおちゃん&グーモチームと
愉快なサバーベQです。



P9140019.jpg

撮影部隊、料理を撮るの図。

生と炙りの〆サバ
焼〆サバのチャパティーサンド
焼きなすの梅びしおマリネ
大根のヨーグルトクミンサラダ

などが今回のメニュー。

長谷部君のお手製竹箸でいただきました。
お腹も心も満足。


P9140023.jpg


炙り〆サバ、これがまた旨いのです。。


動画アップされましたら、またお知らせします。。
ちなみにビーパル11月号(10/10発売)の
ひだまり手作り塾、〆サバレシピです。
お楽しみに~。。。


アンチョビつくる・再び

アンチョビ再び

アンチョビ再び。

前回作ったアンチョビ、いまいち納得いかず、
再挑戦しておりました。一ヶ月の塩漬け期間だと、
イワシの身もまだ半透明でしっかりとした感じ。
アンチョビというよりは塩漬けイワシのオイル漬け
と言った方がいい感じの出来上がりでした。
熱したオイルに入れると、とろける様なアンチョビが
つくりたかったので、がっかり。。。

きっと塩漬け期間を長くすれば発酵が進むに違いないと、
5/11に漬け込んでいたものを先日(9/16)まで放置。
約4ヶ月、冷蔵庫の中で発酵させておりました。
実は、若干忘れかけていたのですが。。。

どれどれ、様子を伺うと、あ~!糸ひくものがっ!!
・・・腐ったか?...とりあえず、匂いを確認...うん、大丈夫。
と確信。困ったときは自分の鼻を信じるのが一番です。
本当に駄目な時は本当にいやぁな匂いがするので、わかる
ものです。普段から嗅覚を鍛えておくと役立ちますよ。

ということで、気を取り直し、下の方も確認。どうやら
菌に汚染されたのは、上の方だけのご様子。
ネバネバゾーンの塩漬けいわしちゃん達はしっかり水洗い
して、丁寧に水分を拭き取り、味見...というか毒味。。
大丈夫な事を確認して、ひと安心。今回の出来はなかなか
良さそうです。身もちょっと崩れかけている様な感じもあるし、
オイル漬けにしてしばらく熟成させたらいい感じになるのでは...
と、期待大です。ちなみに前回(2月に)作ったアンチョビの
残りも冷蔵庫の中で熟成中です。ちょっとは変化しただろうか。

次回は悪玉菌が入らない様に注意して、6ヶ月くらい
塩漬け発酵させて作ってみたら、もっと上手くいくかもなぁ、
なんて思いながら、納得いくアンチョビができるまで、
実験し続けようかと思います。時間のかかる実験ですが、
なかなか楽しいものです。

本場イタリアのアンチョビつくりの現場を、いつの日か
見てみたいものだなぁ...と思う今日この頃です。


焼〆サバサンド

P9100006.jpg


しめ鯖を焼いて、スライスオニオン、トマト、
紫蘇等をのせて、チャパティーに挟んで食べてみる。
非常に美味。

トルコのサバサンドというものが美味だという事を
聞いていたのでチャパティーでも合うだろうと。
トルコでは普通の焼きサバにレモン、塩等を降って
調味する様なのですが、要は酸味をプラスしたい
という事ならば、酢でしめてあればよかとろうと。。

しめ鯖があまってしまった際にはおススメです。
焼いて大根おろしを添えて食べるのもいいものですが、
サンドウィッチなどにするのもまた良いと思います。

これからどんどん脂がのって、美味しくなる旬のサバで
焼きしめ鯖、炙りしめ鯖などもいいものです。


サバ6

さば6


顔が笑ってるサバ6尾。
大きなやつばかり。

時々、笑い顔のサバに出会います。
笑ってないのもあります。
笑い顔に出会うと妙に嬉しくなるのは、
私だけでしょうか。。

大量のサバに触れ合う日々が続いておりました。
しばらくサバは食べなくてよい気分だけれど、
サバは美味しいですね。

サバ万歳。

9月の掲載情報


 BEーPAL 10月号(9/10 発売)


今月は私の連載はお休みですが、
(長谷部君の森のぬくもりハンガー、見てね。)
7/25に行われたひだまり手づくり塾・富士山麓
クリーンアップウォーキングイベントのリポートが
掲載されております。

 ・

おススメのキャンプ情報も。。
10/10(土)~11(日) 嬬恋の無印良品のキャンプ場にて、
SLOW CAMPと題して愉快なキャンプイベント決行です!
オールレンタルも出来るので、初心者の方も大歓迎です。
キャンプデビューの方には、ひだまり相方長谷部君が
いろいろと教えてくれますよ。キャンプしたいけど、
よくわからないし。。。という女子に(男子もね)特に
オススメしたいです。
私は「焚火料理入門」として、焚火でごはん作ってます。

詳細は今月号のp.12をご覧くださいませ。
皆さまのご参加、心よりお待ちしております。
共にキャンプを楽しみましょう!!



オケラの花

オケラ52


       オケラの花



オケラ3


去年、花終りで頂いたオケラ、立派に花を
咲かせました。オケラの花初めて見ました。
このまま枯れるまで置くと、なかなか素敵な
ドライフラワーになります。
枯れたオケラの姿は、秋の飾りにぴったりです。



オケラ1


真横から見ると、アザミの花に似た様な形。


 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Calendar

« | 2009-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Appendix

まめわぞ・塩山奈央

まめわぞ・塩山奈央

塩山奈央・しおやまなお

FC2Ad

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。