from 豆ライフ

     塩山奈央のまめまめしい暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重桜

八重桜 2500
  

       八重桜


八重桜 花

花びらが幾重にも重なり、美しいです。
来年はこの八重桜で桜の塩漬けを作る気満々です。

  ・

この八重桜、衝動買いしてしまいました。
先日は、スーパーのレジ前にあったポピーを2束購入。
40本のポピーが花瓶にもっさり生けられております。
只今、家の中にも、花がいっぱいです。
どうやら私は、悶々とすると、庭いじりをしたり、
植物を集め出す傾向にあるようだと、自己分析。

沢山のお花に癒されております。


スポンサーサイト

窓辺の花

窓辺の花

次から次へと咲くお花。
名前は「ディモルホセカ」。菊科の一年草。
軒先の鉢植えから摘んで、キッチンのシンク上に飾ります。
手を洗ったり、水道を使う度に目に入ります。癒されます。
光の方へ向かって花を開かせ、夜になると花びらを閉じます。
アネモネなんかもそうですが、切り花にしても、
体内のサイクルは変わらないようです。


3月の掲載情報

 BEーPAL 4月号(3/10 発売)

 新連載「季節の野食」が始まりました。
 第一回目は「花の太巻き」です。
 千葉の房総の郷土料理、祭り寿司を作りました。
 
 「季節の野食」では、旬の食材を使って外を感じる
 ような、出かけたくなるような、そんなお料理の
 レシピを提案してゆきます。文章も書いてます。
 
 ビーパルでの連載も6年目に入りました。
 皆さんの応援のおかげだと思います。
 楽しみに見てくださっている皆さま、
 本当にありがとうございます。
 今月からは毎月の連載になります。
 どうぞ宜しくお願い致します。
 
 ・・・

 NHKテレビテキスト
 趣味の園芸ビギナーズ 創刊4-6月号(3/21発売)

 「わたしの園芸ライフ」という取材をして頂きました。

 本の名前通り、園芸初心者向けの本ですが、
 写真も綺麗で解りやすいテキストです。


 ・・・

 情報遅くなりましたが、
 今月もどうぞ宜しくお願い致します。


 

すももの花

すもも2011:3:21

すももの花が咲きました。
我が家にやってきてから、4回目の開花。

今年の開花は3/21でした。

知らなければいけないこと・2

昨夜書いたブログに対して、正反対のこういう
意見もあるよ、というご連絡を頂きました。
スズヨシさん、ありがとうございます。

とても冷静なご意見で、解りやすく丁寧に
書かれているのが解ります。

 → 福島原発で起きていること

だけどやっぱり安心できない自分がいるのも事実です。
いろんな意見を見て、安心したり、不安になったり、
心の中が忙しいですが、かたよった意見だけでなく、
こういったご意見も大切なんだと思います。



知らなければいけないこと

前向きな情報だけを発信しよう、
発信したい、と思いました。

だけれど、私の元に次々と届く、
沢山の方々からのメッセージ。
何をすべきか、なにが正しいのか解らなくなります。

私が見たもの。
これが本質なのかもしれない、そう思えるものは
発信すべきなのだと思いました。

その中で見た、
ニュースの深層という番組の広瀬隆さんのお話は、
あまりにもリアルで、どうしようもない。
知らないでは、すまされないことです。
3つの映像が、youtubeにアップされています。
もし、ご覧になる方は、必ず全部を見てください。

私が怖いことは、ひとつ。
未来の子供たちの健康、命が蝕まれてしまうこと。
それだけです。

今日、電車の中でスポーツ新聞を見ている方を
チラ見してしまいました。そこで目に飛び込んできた
見出しが「赤ちゃん西に大移動」でした。
母は凄い。本能がそうさせるのでしょうか?
真相は解りませんが、正しいことだと思います。
未来を作る子供たちに危険が及ぶ様なことがあってはならない。

大人は自分で自分のことを決められます。
でも、子供は親を頼るしかないのです。


【以下、我が家の相方さんからのメッセージです。】
テレビやネットでいろいろな意見や情報が上がっています。
信じられないもの、信じたくないもの、沢山あります。
何が今の自分に一番必要か、これからの生活や未来の希望に対して、
今何を考え、判断するべきか、冷静に、客観的に見つけたいです。
だれも絶望や悲観的な結果を望んでいるわけではありません。
ただ、無知や無視や無意識が一番恐ろしいことだと思います。



長寿梅

長寿梅花1


        長寿梅


長寿梅花

3年目にして、やっと花が咲きました。
花終わりで仕入れた長寿梅、毎年毎年、今年は咲くかなぁ?
と楽しみにしておりましたが、なかなか咲かず。

肥料をあげないせいかと思い、1月頃、植えかえ
(本当は植え替えの時期ではありませんが)と共に、
土に少しだけ肥料を混ぜました。

2月頃、蕾が付き始め、他のものとは違う、赤い蕾が現れ、
これは、きっと花に違いないと。
日に日に膨らむまっ赤な蕾を観察するのは楽しいものでした。

もうすぐ春です。
芽吹きの季節です。



春りんどう

春りんどう 630


         春りんどう


春りんどう

春りんどうが、咲きました。
山野草の花はほとんどがそうですが、
ほんのちいさな、ちいさな花です。

こんな状況でも、愛おしい植物を観察すると、
こころが落ち着きます。

今だからこそ。

地震があった前日、私は奈良にいました。
東大寺二月堂の修二会(お水取り)を見学するために。

修二会が創始された古代では、それは国家や万民のためになされる
宗教行事を意味した。天災や疫病や反乱は国家の病気と考えられ、
そうした病気を取り除いて、鎮護国家、天下泰安、風雨順時、
五穀豊穣、万民快楽など、人々の幸福を願う行事とされた。
(東大寺HPより。詳細は →  )


お水取り2

お松明(たいまつ)の光が、端から端まで。


お水取り3

まるで光が空を飛んでいるような。
お松明も凄いものでしたが、その後、お堂の中で繰り
広げられる行法、お経の神聖さたるや、凄いものでした。
その言葉、発せられる音の世界からは、安らぎを感じるのだと。

奇しくも、修二会の最中に起こった地震。

地震があったその日、私は京都にいました。
ニュースに釘付けになり、体感していない地震を想像し、
そわそわと心が揺れていました。

東京に戻る日の夜、計画になかった清水寺に行きました。
町のポスターで見た花灯路。とりあえず、こっちの方か?
なんて歩いていたら、清水寺に行き着きました。

お堂では、ふたりのお坊さんが、お経を唱えられていました。
ここでも、お経。その間、心が落ち着いた気がします。

清水寺の夜の参拝の風景です。

清水寺1


清水寺3

いま、被害も少なかった東京で過ごしていても、毎日
不安になります。それは、どうしようもない現実です。

恐ろしい事が起こってしまった、そしてそれは今後も続く事です。
いま、私たちに必要なのは、安堵の心なんだろうと思います。
そんなことを言っても不安なものは不安だし、安心するなんて
無理なのかもしれません。でも、多きくなる不安と共に、安らぎを
求めなければ、心が駄目になってしまう。
ひとりひとりの心に光を持たなければ、暗い雲に覆われてしまう。
それが、一番怖いことだと。


今朝、実家の祖母が亡くなりました。
今までほとんど病気をしなかった祖母、地震のあった日に高熱を
出し、ほとんど食事もとれずに一週間ぐったりしていたそう。
少なからず、心のショックが大きかったのかもしれません。
もう、天寿をまっとうする歳ではありますが、因果関係を考えず
にはいられません。直接の地震の影響ではないのかもしれませんし、
そうなのかもしれません。
こういうご老人が少なからずいるのではないかと。
ご老人だけでなく、同じようなことは起こっているかもしれない。

心に希望と安心を。

今だからこそ、心の中、大切なこと、見つめて向き合って。
自分に必要な安らぎを、大切にしてください。
ここを離れて避難することも、しないことも、自分が決めることです。
どちらも正しい。自分の本能が決めたことを信じなければ。

不安をあおるような行動やメッセージよりも、大切なこともあるはずです。
何が正しくて、何が正しくないのかは、自分の心に聞くしかないのです。

心にやすらぎを。

あまりのことに、涙がこぼれ落ちます。
だけれど、涙をこぼしているより、前に進まなければ。

私はこれから、出来る限り、安らぎのメッセージを送ることにします。
大変な状況は他の沢山の方々が発信しています。

皆さんの心の平穏を、心よりお祈り申し上げます。


原発がどんなものか知ってほしい

いま、放射能について臆測が広がってます。
でも、一体どんなものなのか、解らない事だらけです。

20年間、原子力発電所の現場で働いていた
平井憲夫さんという方が書いた文章、

原発がどんなものか知ってほしい

というものを見つけました。
10年以上も前に書かれた文章です。

読むと、ますます怖いことだと思いますが、
いま、一体何が起こっているのか、
どうしなければいけないのか、何が正しい事なのか。

まずは信じられる情報をや知識を得て、臆測に惑わされずに、
冷静に自分で判断しなければいけないと思います。


あゆむ君の展示にて。

ギターと展示1

あゆむ君の展示会場で歌うまつしまさん

去年、まめわぞでも展示をしてくれたアユム君の個展
Ayum展ーカタチヲサグル」に行ってきました。

歌うたいがやってくるというので、オープニングライブを聞きに
行きました。なんとも素敵なしゃがれ声で歌う、まつしまさん。
生歌っていいものです。アユム君の絵との相性よく、心地好い時間を
楽しませて頂きました。ほっとするような、心地よい人物の絵が
とてもいい雰囲気で、ほんわりしてしまいました。


会場は経堂の「芝生」。
今はなき、ロバロバカフェの後に開店したカフェギャラリーです。
店主のユサさんが醸し出す雰囲気が、また良い感じです。
もうずっと前からそこにいたような。

展示は3/15(火)までですよ。

味噌仕込み完了

2011味噌

今年も無事に味噌の仕込みをする事が出来ました。
右の一番小さいのは、先日の匙屋さんで仕込んだ(麹は
立川の麹屋さん)のもの。麹違いの味比べが楽しみです。

今年の大豆は栃木産(私の出身地です)。
農業関係の仕事をしている叔父に頼んでわけてもらいました。
じつは、栃木、大豆の生産が盛んなよう。
そういえば、私の好きな平家納豆は栃木県の会社です。
(平家納豆に使われてる大豆は北海道産でしたが・・)

さておき。
今年の我が家味噌の麹は金沢の高木麹商店のもの。
去年、金沢旅の際にお伺いし、来年は麹をお願いしようと
決めてました。何とも素敵な麹屋さんです。


2011塩麹

ついでに「塩麹」とやらも仕込んでみました。
毎日まぜて、1~2週間くらいで出来るらしい。
どんなものが出来上がるか楽しみです。


発酵食品を仕込み、成長を見守ることが出来る日々。
こういうことのひとつひとつが、私の暮らしにとって、
とても大切なことです。極普通のことが出来る毎日こそ、
本当に幸せだなぁと思うのです。




フキタンポポ

フキタンポポ1 630


     フキタンポポ



フキタンポポ2

キク科の植物。タンポポではないけれど、
花がタンポポに、葉が蕗に似ているので、
和名では、フキタンポポと言われている。

ヨーロッパの方が原産で、ハーブとして
使用されていたりもするらしい。


 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Calendar

« | 2011-03 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Appendix

まめわぞ・塩山奈央

まめわぞ・塩山奈央

塩山奈央・しおやまなお

FC2Ad

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。