from 豆ライフ

     塩山奈央のまめまめしい暮らし

島根日記2008・8

P5040093.jpg


さて、これは。何でしょうか?



P5040095.jpg

こんな木に。



P5040090.jpg

こんな風についております。


正解は、野生の山藤...の蕾。


母曰く。「山藤の蕾は食べられて、しかも美味しい...らしい...。」
そうなのです。これは、今晩のおかずになるのです!

去年この山に来た時には、もう花が全開に開いてしまっていて、
蕾は見当たりませんでした。去年も私達は蕾を探しておりました。
かく言う母もまだ食べた事がないらしく、好奇心旺盛の我一族は、
蕾~。蕾~。と、切に山藤の蕾を所望していたのでした。

思いは届くものです。あれから丸1年たちまして。
今年はどうやら花の開花が遅かった様で。。。
山の神様ありがとう。。山藤ありがとう。。。とお礼を言いつつ、
おすそわけを頂いた次第であります。



P5040127.jpg

衣を着せて。油の中へ。。。
めでたく天ぷらにして頂いたわけでありますが。。。

そのお味は。。。


「・・・・・。」


「衣の味、がするね・・・・・。」


特にえぐみもなく、個性もなく...。不味い訳でも美味しい訳でもなく...。
たらの芽系の味や花のフローラルな香りなんかが、ふわっと香ったり
しちゃうんじゃないんだろうか...なんて想像していただけに...。
・・・・・・。という結果に終ったのでありました。

という事で、山藤さんには感謝しつつ、
もう一生山藤の蕾を頂く事はないだろうと確信いたしました。




コメント

へー!!
山藤の蕾なんですか。
茗荷のような形で、びっくりです。
お邪魔しました。

信州では、蕾ではなく花を食べるようです。

karumianさま
自然の中の「もののかたち」はとても面白いですね。山の中は本当に愉快です。

ぼたんさま
花のお味は...美味しいのかしら...?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mameoiseau.blog62.fc2.com/tb.php/292-3962d113

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Appendix

まめわぞ・塩山奈央

まめわぞ・塩山奈央

塩山奈央・しおやまなお

FC2Ad

FC2カウンター