from 豆ライフ

     塩山奈央のまめまめしい暮らし

珈琲フィルター・つくる

珈琲のフィルターが無くなった...
ので、つくる事にした。

やっぱりネル?とも思ったのだけど、
とりあえず家にあったインド綿でつくってみる。
最近は絹製のドリッパーとかも出ているし、
(しかし、何で絹のはあんなに高いのでしょう?)
ネルじゃなきゃいけない訳じゃない気もするし、
何でも、ものは試しに...。

ドリッパーから適当にパターンをとって、
インド綿を2重で縫い合わせる。
ちなみに今使っているドリッパーは円錐型のもの。

20060920120443.jpg

20060920120433.jpg


悪くない。というか、紙と比べれば、
差はほとんどないんではなかろうか?
まぁ、とりたててこれはスゴいぞ~、という所は無いけれど。
使った後は、豆を捨てて、水洗い。
よく絞って干しておくと、すぐ乾く。インド綿の良い所だ。

もともと日本人は「晒(さらし)」という綿素材を昔から使ってきた。
出汁をとったり、豆乳をしぼったり、
米糠を入れてお風呂で石鹸代わりに使ったりもしてきた。

ふと、考える。
昔は綿製だったものが今は合成繊維や紙に
変わったものがどれくらいあるんだろうか。
それは、良い事なのか、悪い事なのか?

一概に否定はしたくない。
何故そうなったのかの理由をみつけなければ、
何の解決にもならないと思うから。
一番大切なのは、一人一人のその心の中なのだと思う。
とても小さな心の変化がその人を、その周りの人を、
世の中を、変えて行くのだと思っているから。

布製珈琲フィルター。
布を3重にしたら、また変わってくるかもしれない。
晒を入れてみても良いか?と、
新たな珈琲エコスタイル(笑)を考える。
ネル並みに美味しく入れられるフィルターが出来たら
ラッキーだ、なんて思いながら...。

こうして、またひとつ。
暮らしの手づくりが増えてゆくのでした。

コメント

ちいさな羽ばたき

> 一概に否定はしたくない。
> 何故そうなったのかの理由をみつけなければ

とても共感します。
変化にはかならず理由があるもの。
かたくなに流れに逆行するだけでは、摩擦が抵抗を生んで、痛みになる。
一人一人の心地よさから出発すれば、そこから新しい流れが生まれるはず。
oiseauの手仕事も、そんな羽ばたきのひとつだと思うよ。

ぱたぱたぱた

いつか、バサバサバサと羽ばたく日まで、見守って下さい。笑。
どこまでも、心飛んでゆけるように...!  

いいですねーーー。
インド綿のフィルター。
買うのがあたりまえだと思っているものでも、
じつはそうでもないってこと、ありますよね。とてもたくさん。
ありすぎて、目が回りそう・・・.

すこしずつ...

どんな小さな事でも気付いてしまったら、どうしようもないですよね。
少しずつでいいんだと思います。
目が回りそうになりながら、少しずつ...。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mameoiseau.blog62.fc2.com/tb.php/52-4c39fec6

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Appendix

まめわぞ・塩山奈央

まめわぞ・塩山奈央

塩山奈央・しおやまなお

FC2Ad

FC2カウンター